「縁」と「運」は自分の手でつかもう

成婚の便り(2015)

  • HOME »
  • 成婚の便り(2015)

※2015年の会員様成婚時の、「えん婚活ブログ」より、抜粋しました。

【彼女の決心】♡ 【締めのウェルカムボード】♡
【スイッチオンの彼女】 【ご縁時】♡
【似たもの同士】♡ 【ご縁はどこから】♡
【こんな運命的な出会い】♡ ワインのご縁】♡
【パーティー後のご縁】♡ リアル婚活】】♡
【シニアの成婚】♡  【親の口だし】♡

彼女の決心♡

tmp.pdf

先週は、成婚者さんたちがご挨拶に来てくださいました(^^)

 

彼女は、お付き合いに入ると長いのですが、なかなか成就できなかった。

今回もここまでに来てまでもいろいろ発生(^_^;)

お見合いの時にも。。。

先方の仲人さんがお見合いの日にちを1週間間違えて実際ホテルで待っていたこと。

お見合い後に彼女は一度はお断りしたこと。

お付き合いは、早々と彼から真剣交際とまあまあ順調に進んでいた。

プロポーズを受けた時も、彼女はキョトンとしていたそう(笑)

そうなんです、お互いに意思表示が下手みたい。

 

結婚が決まったら決まったで、彼の親との同居の話が出てきた(^_^;)

彼女の不安が、家族に伝わり反対されかねない状態に。

彼女の悪いクセかな!?心配性が大きくなってしまったらしい。

彼女の家族が口を出してきて、彼女は彼との間でウロウロ。

 

私は、彼女に問う。

「彼を信頼できずに、家族の言葉で気持ちがゆらいでいるのだったら、結婚は取りやめにしたら?」

「家族よりあなたはどうしたいのかな?」

「好きな人じゃなかったの?」

で、彼女は答えを出しました(^^)

彼を信頼することの大切さとやはり彼が好きなんだと、彼女は決心しました

 

「なんで~結婚するのにこんなに悩まなあかんの(;_;)」って言ってた彼女。

私も結婚の時に家族に反対された経験があるので、よく分かる(笑)

 

しかし、目の前のふたりは、おかしいくらい似た者同士。

彼に一つだけ、私はお願いした。

「あなたのお母さんと同居は、あなたがしっかりして彼女を見て下さいね。あなたにとってお母さんがいるのは日常ですが、彼女にとっては非日常なのです。時間をかけてよろしくお願いいたします。」

これから、ふたりで一緒に何事も乗り越えていってね(^^)

おめでとうございます~\(^o^)/

締めのウェルカムボード♡

坂本さん♡

このカップルの年の差は10才で、6月に成婚卒業されました。

入籍は10月に済ませて、今月12月モルディブで挙式予定\(^o^)/

 

ウェルカムボードを作成のためのデザイン選びなどを待ってましたが。。。

彼は海外出張が多いため忙しいみたいなので、私が独断でデザインを決めました。

 

彼は成婚された方からのご紹介で、とても誠実な方でした。

お見合いの日程調整などは、いくら忙しくてもこちらから催促したことなどありません。

仕事も充実していて、後はお嫁さんだけみたいでした。

外見はそれなりの方ですが、お申し込みはたくさん来てましたね。

このご縁も、先方の仲人さんからの依頼で彼も二つ返事でした。

 

お見合いは、結果的に見て思うことやけど、すごくタイミングがピタッとなれば幸先がいいみたい。

このご縁も、お見合い話が出て、お互いの日程がぴったり合い、そして交際に。

彼は月の半分くらいは国内外の出張があるため、お見合いから5ヶ月かかりました。

しかし、先方の彼女がしっかりと彼の気持ちを捕まえていたようでした(笑)

彼女が10才年下にも関わらず、とてもしっかりしていたところが彼にとってよかったのかもしれない。

今年の「えん」の男性陣は、このようなパターンが多かったかな(笑)

 

おめでとうございます~\(^o^)/

 

スイッチ・オンの彼女が】♡

282452

バスツアーから帰ってきて、マッチングの作業をしていると。。。

 

「日高さん、いまお電話大丈夫ですか?」とメール。

いつも後ろを振り返ってばかりの彼女(アラフォー女性)だったので。。。もしや。。。

 

「今日デートして、プロポーズされました(^^)」

 

いや~良かった~バンザイ~バンザイ~♪

なかなか、スイッチが入らなかった彼女が、スイッチ・オンになってから今日にいたりました(^^)

 

思い出せば、入会からいろいろ面白い女性でした。

面談の時に話を聞きながら腕組みをしていた(笑)

お見合いのご紹介の時に腕組を私が外した(笑)

可愛い顔なのに、考え方は男前(笑)

手をつなぐことが出来にくい雰囲気を持つ(笑)

とても人見知りなのと、緊張すると自分が腕組をすることを知らなかったみたい(笑)

この彼とのお見合い後に最初はお断りをしてきてきたこと(笑)

私にスイッチ・オンのメールを間違えて彼に送ってしまった(笑)

 

けれど、お付き合いのことや婚カツに関する相談は、いつも電話で長く話してしまう。

本当は、とても素直な心の優しい女性なんです(^^)

私はそんな彼女が大好きです

それだけに、彼女のこのご報告は嬉しさひとしおです(;_;)

 

これからもいろいろあると思うけれど、スイッチ・オンを思い出してや~(^^)

おめでとうございます~\(^o^)/

【ご縁時】♡

瀧様06-1

今回のウェルカムボードは、私のリクエストで冒険をしてみました(^^)

ふたりのツーショットが、神戸の「花鳥園」で撮ったような!?

ふたりの間にフクロウがいてとてもリラックスした感じ。

これをなんとか活かして欲しいと「えだっちさん」にお願いした。

 

この彼は、迷走ぶりを発揮した男性です(笑)

プロフィールの内容も写真もイケてたから、すごくモテました。

しかし、それがゆえ、迷走する羽目におちいる。

だって、お付き合いが上手く行かなくでも、次から次へとお見合いが出来る(^_^;)

だからと言っても、じっくりお付き合いはしていた。

自分の理想としている方しかお申し込みしないけど、OKのお返事が来るからかな(笑)

 

とても気があった女性と、いいお付き合いをしていたにも関わらず、先方からお断り。

多分、女性の家が医者一族だったので強く両親が医者を希望していたよう。

それがキッカケで迷走をすることになったのかもしれない。

 

しかし、ご縁時と言うのが来るもんなんですね~

彼が今年辺鄙なところに転勤になって、お見合いに神戸や大阪に来るのが大変に!

そのときにお付き合いしていた女性がふたりいたのですが。。。

「私はそんな辺鄙なところでもどこでも大丈夫ですよ~」

彼女のこの一言で、彼の心が決まったようです(^^)

 

12月にグアム島で結婚式をするそうです。

おめでとうございます\(^o^)/

似た者同士】♡

 

094947(男性34年生・女性39年生)

去年の4月にお見合いをしたお二人が今月に挙式します。

 

私が会員さん同士のお見合いは、お似合いかなと単純な気持ちでオススメします。

このお二人の印象は、話さない似た者同士。

そんなんもいいのではないかなぁと、ご紹介してみてお見合いになったケース。

ホントに彼らは話さない人でしたから、このケースは多分無理だったのかなぁ(^_^;)

ところが、なにが良かったのか、両方からのお返事がお付き合いしますとのこと。

 

彼女のお母さんから報告。

「お互い仕事が忙しいみたいですが、電話とメールでやり取りしてます。なんか、笑い声がして、楽しいみたいです。」

へェ~そうなんや。。。

3ヶ月くらいには、2人に気持ちはこのまま進めば結婚するような感じでした。

ところが、5ヶ月ころから彼が連絡してもなかなか返事が来ない状態!?

「なんか息子が言うには、連絡が取れてないみたい」と彼のお母さんの話。

彼女は仕事で遅くなり、おまけに携帯電話が故障して、修理に時間がかかりすぎたのも原因みたい。

 

そのことを聞いて、私は2人に怒りました。

「あなたたち本当に結婚する気があるの!!」

彼「はい、僕はそのつもりです。」

彼女「プロポーズされたら、考えます。」

 

「上手くいかないものですね。」電話が繋がらないと彼からメール。

「本当に自分がこの人と決めたら前前と進んでいきなさい!」

「ダメやったらまたいちからはじめたらいいやん!」

と彼に送ったら、彼はいままでになく頑張ったようです。

 

彼女は彼女で、もっと合う人がいるかもしれないと思っていたのです。

「いろんな方と会いすぎたから、あなたはどの人が一番自分に合う人か分からなくなってない?」

「あなたのことをずっと見てくれている彼みたいな人、今までに会ったことある?」

 

お二人がホンマにゆっくりと考えて決めたようです。

やっと12月に結納が決まり、今月の挙式になりました\(^o^)/

【ご縁はどこから】♡

えん3教師(38年生まれ 女性 初婚)の場合

彼女の入会のきっかけは、私が派遣の仕事で知り合った友人と、その友人の学校の先生とが去年のクリスマスパーティに参加と入会が同時でした。

私の友人はいまだに休会中ですが、本格的に彼女は頑張りますと入会しました。

残念ながらクリスマスパーティではいい方がいませんでした。

 

彼女には若いときに女性の大切な子宮の病気にかかり、結婚はあきらめていたようです。

年齢的にも人間的にもタイミングが良かったと私はいまは思います。

 

年が明けて、お見合いを2回したころ、仲人さんといつもの近況報告をしているときに、彼女のことをお話ししたのです。

仲人さんは軽く、いい人がいたらまた連絡するねと、そのときは私は期待していなかったのです。

ところが電話をおいて1時間くらいたったころ、その仲人さんから「日高さんから話を聞いてから、私の所に入会のため◯さんが来たの。彼女の話をしたら、一度写真を見たいなぁと言ったので、すぐに彼女の写メール送ってくれる?」

私は急いで送りました。すぐに仲人さんから◯さんの写メールが返ってきました。

それを彼女に送ったら、彼女が「感じのいい人ですね。」とすぐにお見合いが決まったのです。

ホントにタイミングと縁です!!

でもそのとき私はそんなに運命的には感じてませんでした。

彼女は初婚で◯さんはバツイチで子持ち(母方で生活)だからです。

ところがお見合いで彼女は◯さんと私は結婚するだろうなと感じたそうです。

 

3月にお見合いして、5月にプロポーズ、8月に結婚式ととても慌しかったです。

私が心配していたように、彼女の母親が「あなたは初婚なんだから、なんでバツイチの人しかいないの!」

でも彼女は「彼に正直にその話をして、彼の考えを聞いて、やはりこの人と思い、母親を説得しよう。」

と言って成婚まで頑張りました。

彼女からとても幸せですとハガキを頂いたのを先々月に載せたと思います。

 

こんな出会いもあれば、じっくりと出会うこともあるのです。

皆さんも諦めたら、そこでストップしてしまいます。

ホントに縁はどこからあるか分かりません!!

出会えるチャンスがあれば積極的に前進している人が、幸せをつかむと私は信じております。

【こんな運命的なご縁】♡

 

img_30
会社員(42年生まれ・女性 再婚)の場合

エステティシャンをしている私の友人からのご紹介で、彼女と出会いました。

とても綺麗な方なのですが、少し暗い印象をその時は感じました。

離婚してから実家には帰らず一人暮らしをして、毎日仕事に頑張っていました。

入会してからはたくさんのお申込があり、彼女も精力的に会っていました。

仕事も忙しくなり、だんだんとお見合いから遠のいていた。

私の友人がエステをしながら、意見を言ってくれたみたいなのですが。。。

その言葉を彼女が誤解をして、私にメール。

「日高さん、私が重荷になっているみたいですね!私も仕事が忙しいし、退会しようかなぁ」

私の考え方は、私の強い思いがあっても、会員さん自信が考えた結果を尊重しますので。。。

「そうですか、あなたにその気がなくなれば、仕方がないよね(^_^;)」

私の中では誤解を解きたかったけど友人のアドバイスだったので黙っていた。

 

それから数日たって彼女からメールで

「パーティがあるのですね?最後にパーティに参加したいのですが..」

「了解です、でもこの前お見合いのお申込はどうしますか?」

「....。」

後日、パーティに参加しました。

不思議な事に、当日なんと彼女の席の前に、先日メールのお見合いのお申し込みの彼が。

最初はわからなかったけれど、私はびっくりして、彼女にそのことを告げました。

メールでは返事が無かったので、多分ダメだろうと思っていたのですが。。。ところが(*_*)

「あの~写真と全然違いますね、私、彼の服の趣味が好きなほうです♡」

早速、彼の仲人さんに事情を伝えて一緒に帰れるようにしていただきました。

それから交際が始まりました。

 

後で友人に聞いたのですが、彼のお申込の写真が凄く嫌で、お会いするのを躊躇していたみたい。

私もその違いにはびっくりしてましたが、そのパーティーで写真を撮り直すところだったようです。

と言うのも、プロフィールのお写真は、仕事が忙しくてジャージ上下で取り敢えず登録だったようです。

しかし、お会いした彼は、商社マンでおしゃれなスーツ姿。

人は合わないとその事情も分からないものですね(笑)

 

その後も交際は順調に進んでいたらしく、3ヶ月目のパーティーのと同じ記念日にプロポーズを受けたそうです。

「最後の記念にとパーティーに参加して、日高さんにお申し込みの彼が前に座っていると言われたときに、なにかしらご縁を感じました。あのまま退会していれば現在はなかったと今は日高さんに感謝しています。本当に有り難うございました。」

私は、彼女があきらめないで自分でパーティに参加するという行動がご縁を運んできたと今でも信じています。

おめでとうございます(^^)

【ワインのご縁】♡

264420

もともと私は化粧をし始めてから、女性の仕上げは香りやと香水を好んで使用して現在に至ってる。

それがこうじて今(当時2007年9月)から2年前に、アロマテラピーアドバイザーの資格取得のため、カルチャースクールに通っていた。

そのときに同じ曜日・時間帯でともに勉強をしていた女性です。

試験に合格後の打ち上げに、はじめて私が個人仲人をしていることを彼女に伝えました。

彼女は是非お世話になりたいと申し出があったのです。

彼女はとても洗練された大人の女性で、今で言うバリバリのキャリアウーマンです。

結婚が決まったときに、「あのときに日高さんと出会ったご縁が私に幸せなご縁を頂きました」と。

しかし、その言葉が出るまでに長い期間を費やしました。

 

彼女は言葉はやわらかい人なんですが、とてもしっかりしていて、自分の価値観を全然変えない人でした。

お見合いの度に、一目見て、彼女の眉間のシワが物語ってました。

それは、お相手の方を気に入っているか、いないか、すぐに判断出来るサイン。

私から見て、とても魅力的な人でも、眉間にシワが寄る。

私は彼女に「笑顔を作りなさい!はじめましてと明るく、首をかしげて言いなさい!」とまるで小学生に言うように。

あまりひどいときは軽く腰を押したりしたこともありましたが、彼女はめげないんです(笑)

 

ある日、ある仲人さんから「登録したてで、お見合いをどうしてもさせてあげたいと思います。どなたかご推薦していただける方はいらっしゃいませんか?」と連絡が。

年齢も会うし彼女の一番の希望「身長」が飛びぬけていたので、先方の仲人さんに連絡をとり、彼女に強引にお見合いさせました。

 

最初に笑顔をと心配していたのですが、ここでアクシデントがあったのです。

その仲人さんは、アデランス仕様なんですが、少しずれていたのです。

それを彼女が挨拶しようと顔を上げて、気がつき笑顔が笑いに。

その時に彼が現れたのです。

彼がとても笑顔が可愛い人だなぁと勘違いして、ひとまずいい雰囲気ではじまりました。

しかし、いつもの彼女のことだから段々とテンションが下がってきていたようです(^_^;)

ところがお見合い後の彼の言葉で彼女の運命の分かれ道が。。。

彼 「どこかに行きましょうか?」

彼女 「はい!?」

実はこの時、お互いの心のなかは。。。

彼 「もし断わられたら、このお見合いは断わろう」

彼女 「私、あまり行きたくないなぁ」

しかし、彼女の心とは裏腹の「はい!?」これが分かれ道。

その2件目にお互いのワイン好きがわかり、それまでの不確かな気持ちが盛り上がったそうです。

 

彼女は成婚退会するときに言ってくれた言葉。

「日高さんが私にいっぱい言ってくれてた言葉が、今は理解できます。
本当に出会いは不思議ですね、前の私の価値観だと今の彼とは付き合っていないと思います。」

涙がでそうです。 もうすぐ結婚式です。

パーティー後のご縁】♡

クリスマス

見つかりました~これが「えん」の一番最初の成婚エピソードです(^^)

 

会社員(41年生まれ・男性 初婚)の場合

彼は私がこの仕事を始めるきっかけを作ってくれた人。

だいぶ前にもえんニュースにも何度か話をした方です。

私の会員第一号で成婚第一号です。

今でも年に何度か会って近況報告していますが、奥さんと仲良く暮らしています。

出会いは加盟先主催のクリスマスパーティに初めの第一歩の活動、参加したのです。

そのために彼はスーツ・トレンチコートを新調してのぞみました。

そこには彼女も参加していたのですが。。。

彼女以外の3人の方と電話番号を交換していたのですが、上手く行かなかっ(笑)

そんな時、年も越してから、彼女からお見合いのお申込が来ました(パーティー後のご縁)

彼はあんまり記憶にないと期待もしないで、お見合いをしたところ一目ぼれしたんです。

後で彼に聞いたのですが、パーティではすごく大人しくて目立たなかったそうです。

その後は彼なりに推して、デートはこまめにしていたみたいです。

 

彼は見た目はあまりカッコいいことも無いし、どうして彼女と結婚できたのか、私的に分析。

1つは彼はホントに優しくて周りを見れる人。

さらに彼女は家族が凄く仲がいいので、彼だったら私の家族とうまくやっていけるかな。

そんなところが彼女を引き付けたんだと思います。

彼女が見かけより中身を見てくれたのが結婚に結びついたのだと感じてます。

成婚退会後、ミスドでお見合いの立会いの時以来久しぶりに2人にお会いしました。

不思議にぴったりとしているのです。

だいぶ前からの恋人同士のようでした。

仲良くドーナツを分け合っているのを見ていて、ほのぼのとした気分になったことを今はとても懐かしいです。

 

ちなみに現在(2015年11月)彼の家族は二人増えて、四人家族になってます(^^)

【リアル婚カツ】♡

100145

いま婚カツ中の方々にきっと元気がもらえる体験談です✌

先日「5周年を迎えました~♪幸せでーす」と嬉しいメール報告があった。

同じように5年目を迎えている彼女とひょんなことから、「婚カツのリアルな体験談」を再度送ってもらうことに。

彼女の思いは、とても長文だったので、私が勝手に端折りさせてもらいました(^_^;)ゴメンナサイ

 

当時の彼女の年齢は34才。1年で必ず成婚する目標を立てていた。

*彼女の気付きのポイント①

お見合いするにあたって大切だと感じたことを書き出してみる。

  • 自分がどんな人を探しているのか?
  1. 阪神間住まいの関西人
  2. 出来れば400万以上
  3. 30代がいいなぁ
  • どんな人が嫌なのか?
  1. 肥満(身長の下2桁を体重が超えているのは☓)
  2. マザコン(これはプロフィールではわからない)
  3. ケチ(これもプロフィールではわからない)

 

*彼女の気付きのポイント②

これらを仲人に伝えておく。ただ、仲人と言っても、自分の希望にそぐわない人の紹介もある。

彼女は、そんな時でも断らずにお会いするようにして、やはりここがだめでしたからとちゃんと理由を伝える。

そうすれば、自分の希望する人がどんな人か、仲人にも伝わると思ったそうです。

いろんな考え方もあるけれど、彼女は会えるチャンスがあれば、実際にたくさんの方とお会いするのを勧めている。

 

*彼女の気付きのポイント③

自分も、パソコンで自分の中の最上級の方にお申し込みするけれど、なかなか希望の方のお返事がない。

そのときに、彼女は「自分のレベル」に気づき、毎週1度必ず何人かに申し込みを頑張ったら、月に3~4人はお見合いできたそうです。

 

*彼女の気付きの最大のポイント④

彼女もお見合いでパワーを使いすぎて、それでも上手く行かず、投げ出したくなった時もあったようです。

そんな時は、パーティーや本を読み漁り、パワースポットなどに頼ったりと、もがいてもがいて。。。そして

不要なプライドを削って自分を見つめなおすことで、夢見がちで不鮮明な理想を捨て、よりリアルな未来を見つけ、そこを目指して行く道が見えてくると思ったそうです。

 

*彼女の気付きのポイント⑤

そんな頃、現在の旦那様になる方は、お申し込みしたのも忘れてたぐらい印象が薄かったそうです。

だからこそ、今までのお見合いにはない、気負わず自然体でお見合いにのぞみ、お互いにリラックスできたみたい。

「この人のこと好きになるかもしれへんなぁ・・・ヤバイなぁ。」今までの恋愛でなら絶対に選んでいないタイプの人に、なぜそう感じたか、今でも疑問だそうです。(私は、彼女が考え方を変えたことで、視野が広がったんだと思います。)

交際に入っても、優柔不断の彼に業を煮やすこともあったらしい。。。

しかし、彼は素直で不器用で誠実な人だと彼女は見抜いていたようです。

だからついていく決心がついたのですね。

 

*彼女の気付きのポイントまとめ⑥

お見合いって抵抗あるけれど。。。たくさんお見合いして、自分に会った人を見つけられたら、それでオールオッケーだと思います。いやな思いをしても、それでもイバラの道を前に進んで宝箱を見つける、婚カツってそんな冒険に似ているなって感じました。味方を増やせられるかは自分次第。一番近くで応援してもらえるように、まずは仲人さんとの素敵な関係を築く事が一番の近道かもしれません。

と彼女のしめくくりでした(^^)

 

彼女は、婚カツ中にこんな体験談が欲しかったから記録していて私に送ってくれていた。

ただ、人それぞれの気付きのポイントがあります。

彼女はそれらに早く気づけたから、半年で婚カツを成就出来ました!

【シニアの成婚】♡

253305

「結婚をします(^^)」と朝から飛び込んできた嬉しいご報告♡

日曜日にお見合いのご紹介で大阪グランヴィアホテルに行ったときに、偶然彼を見かけたけど。。。

あ~あ、彼女とデートなんだ(^^)と思って、彼と私は目礼だけ。

 

彼と言っても私とひとつ違いなんです(笑)

彼は、なんと初婚なんです。

入会時に理由を聞いたところ、彼は定年まで転勤族でした。

少し落ち着いた頃には、お母さんの介護(お父さんはすでに他界、弟は他府県)。

なかなか、ご縁がなかったそうです。

「えん」に入会したキッカケは。。。

現在も仕事をしているのですが、入会当時に転勤で同僚がいず、ひとりで仕事に。

仕事でも話さず、このまま人生を終えるのかととてもさみしく感じたそうです。

人はなにかしらのキッカケでいろんな思いになるのですね。

 

彼のお見合いが上手く行かず、少し弱音を吐いていた頃に「ご縁の会」でご紹介して頂いたご縁。

彼女は再再婚ですが、先方の仲人さんいわく「男運」が悪かったそうです。

 

彼が彼女を選んだのは、一緒にいて楽しいのと楽だったことがキメテだったそう。

今更恥ずかしいのですが、とても嬉しいです(^^)と照れながらのご報告。

おめでとうございます~✌

親の口出し】♡

262475

結婚もきまり式の日取りも決まって、私に報告と彼とのツーショットの写真。

彼女はとても幸せそうです。

しかし、ここまでに来るまでには、彼女は親から支配とまでは行かなくても干渉が多かったような!?

これは、彼女から一方的に聞いていたことなので、親御さんに私も直接は聞かなかったから真意のほどはどこまでかはわかりませんが。。。

 

彼女自身もとても慎重で「えん」に入会までには、面談を彼女と彼女の母親と3回くらいお会いした。

お問い合わせの電話も2.3回で、お会いしてもメモ魔の彼女。

少し変わっているのか生真面目なのか!?

それに母親に会ってもらってから、入会したいと。

少し気が重くなりつつなっていた私。

 

その予感が入会後にあたっていた(笑)

お申し込みは片っ端からどんどんお申し込みしていったので、理由を聞くと

「母が、あなたは誰に申し込んでもだめだから、どんどん申し込みをしないと。」

お見合い後に、自分は断るのはいいけれど、お断りされたら

「母が、やっぱりあなたは結婚できないのと違う。」

携帯も母親が時たま見ているので、日高さんからのアドバイスは消しておきますとか。

お母さんに相談できないから、日高さん!力になってください(;_;)とか。

今までに経験のない会員さん(笑)

 

たまたま、「ご縁の会」で高学歴の彼をご紹介した所、彼女もすぐにお見合希望。

「母が、あなたがそんな男性とはきっと振られるから諦めなさい。」とまた口出しを。

 

ところが、彼女は子どもの悪知恵みたいなところが働くのでしょうか(笑)

そんなお母さんがよく「えん」に入会を許してくれたねぇと聞いたら笑ってしまった。

今まで他社に母親から言われて2年間入っていたけれど。。。

結婚できないのはあなたが悪いみたいに言われていたらしい(^_^;)

で、「母が用事で実家にいる間に、「えん」を探して面談を取り付けました(笑)」

結婚が決まると、ここぞとばかりにお母さんに言えてスッキリしたようです。

「私が探してきた相談所は、いいところだったでしょ!と言いました(笑)」

 

お付き合い中もお母さんから何度も連絡があり、お断りされるのなら早いほうがいいですとか。

彼女は、そんなことは気にせずにデートにせっせと出掛けていたようです(笑)

彼女の一番の良かったことは、彼に正直な自分を見せていたところです。

お互いにいろいろ話し合いをしたといつもデートの帰りにはメール報告が。

 

私は、彼女をほめてやりたい。

よくぞ、自分の気持ちを前面に、親に対して納得させたと。

彼女いわく、親がこの結婚を一番喜んでいるんです(^^)

高学歴の彼と結婚するのが嬉しいのかって!?

いえいえそんなはずは無いと思いますよ(^_^;)

心配症のお母さんだったのですね。

子どもが可愛いあまりに、いろんな事に口出ししたい気持ちは分かりますが。。。

 

とにかく、彼女は半年の婚カツで成婚になりました\(^o^)/

おめでとうございます~✌

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6877-6333 受付時間 10:00 - 20:00 (年末・年始を除く)

PAGETOP