「縁」と「運」は自分の手でつかもう

成婚の便り(2014)

  • HOME »
  • 成婚の便り(2014)

※2014年の会員様成婚時の記事を、「えん婚活ブログ」より、抜粋しました。

【一緒にいて楽ちん】♡ 【プロポーズされました】♡
【ひとりよりふたり】♡ 【中高年さんの結婚】♡
【わがままな彼女が成婚】♡ 【成婚エピソード】♡

【一緒にいて楽ちん】♡

DSC_1294

「早い決断の彼」が彼女と一緒にご報告に来られました(^^)

それにしても早かったねと言えば、二人口そろえて

「会っていたらとても楽しくて、楽ちんな人やなぁと思いました♡」

 

恒例の彼女に彼のどこを気に入っていただけましたか(笑)と聞けば

「アウトドア派な所といつもテンションが一緒なのと、優しいところでしょうか(^^)」

2ヶ月でもたくさんいろんな所に遊びに行ったようです。

 

彼は、今年の2月から婚カツ開始。

自宅事務所の近くに住んでいたので、車を飛ばしてやってきた(^^)

笑顔が素敵なイケメンで、仕事大好き人間。

最初はペースがゆっくりとしていたけれど、1年を目標にしていたのでちょっとアドバイス。

今まで、相手の気持ちばかりを気にしすぎていたところがあったらしい。

相手に断られるのをやはり気にしているイマドキの男性。

しかし、婚カツするようになって少しずつ変わってきた。

意思表示しているけれど、女性には通じていないのを気づいてもらったら、このような結果に(笑)

 

来月早々に、「ご両家顔合わせ」の予定。

彼は遠い所にご実家があり、三男で最後の独身者だったそう。

おのずと彼女の家の近くで新居を構えるようです。

彼女のお母さんはとても嬉しいみたい。そりゃあそうでしょう(笑)

 

「えん」の会員さんの一人っ子さんに、彼のこのお見合いが上手く行かなかったら、ご紹介しようと思っていた(^_^;)

ところが、その一人っ子さんも現在いいお付き合いに入っているから、どちらにしてもご縁がなかったのかな。

 

二人並んでいるとお似合いのカップルです。

何度こんな光景をみても、嬉しい!嬉しい!私も幸せな気持ちでいっぱい\(^o^)/

おめでとうございます~お幸せに♡

 

【プロポーズされました(^^)】♡

 

056837

 

どうしても30歳になるまでに結婚したいと入会してきた彼女です。

イマドキの可愛らしさですが、とても控えめな彼女。

入会の時は、私の話をメモに書いたりと前向きな彼女。

 

お相手は、とても優しい温和な彼です。

高学歴だけれどそんなことを感じさせない笑顔が素敵な彼。

 

彼女はデートの度に報告と相談がいっぱいでした。

でも、確実に前に進んでいると感じて嬉しいなぁと思っていたら。。。

「日高さん!◯◯さんからプロポーズされました♡嬉しいです(^^)」と。

お互いにご両親にご挨拶もすんで、ご両家顔合わせ会の運びになりました。

 

お見合いからちょうど3ヶ月です。

このご縁は「ご縁の会」でいただきました(^^)

30歳までに間に合いましたね(*^_^*)

 

今年のご成婚は、「ご縁の会」でいただいたお話ばかりになっています\(^o^)/

【ひとりよりふたり】♡

 

yjimage20150517

 

先日海外からの電話でプロポースしますと連絡があった彼が、今週末正式に先方のご両親と顔合わせの運びとなりました。

彼はご両親が他界されているから、親代わりとして顔合わせ・結納・結婚式・婚約指輪などの準備のご紹介をしようと連絡したら。。。

彼女が、香港か台湾の方に指輪を選びがてら旅行したい。。。

結婚式は、彼女の希望で海外でしたい。。。だそうです(笑)

家も大阪に構えるらしく、神戸には家もあるけれど、新居を探し始めたそうです。

 

「えん」で成婚していった男性のほとんどは女性に主導権を握られてるようです(笑)

まぁ、本人たちが幸せだったら問題なし(^^)

このご縁の仲人さんとは、2組目で「えん」は男性陣を取られました(笑)

 

彼の入会のキッカケは、「えん」で成婚された男性の奥さんのご紹介だった。

彼は当時42歳、活動し始めて2年あまり。

その間に、お母さんも他界されてお父さんは彼が小さいころ他界されていたから、一人っ子なのでひとりぼっちになってしまった。それからは、「ご縁のご紹介」で彼を売り込み、今回のご縁につながりました(^^)

彼の仕事は、月の半分は海外出張なので、お見合いがスムーズに運ばなくても、彼はコツコツ頑張っていました。

お申し込みやご縁のご紹介も沢山ありましたが、結局10歳年下の彼女を射止めたのです。

 

彼は条件的にはすこぶるいいのですが、少しオジサンっぽい!?なのに可愛い人が好きみたいな(^_^;)

最初にお見合いした時から、とても話しやすいと言ってましたね。

内心、10歳も下やしそれに可愛いのに話しやすいなんて、大丈夫なのかと思ってました(笑)

しかし、6ヶ月目でつかみました「ひとりよりふたり」

おめでとうございます~\(^o^)/

【中高年さんの成婚】♡

 

yjimage (96)

 

成婚者は成婚者を呼ぶのでしょうか(笑)

昨日、成婚者の方とお会いしていた時に、電話があったのです。

着歴を見て、もしや(^_^;)と思いきや、成婚のご報告でした\(^o^)/

中高年と言っても、58歳と59歳のカップルです♡

去年の7月にお見合いして、すぐに意気投合したのですが、お互いの諸事情で今月になりました(^^)

 

彼女は58歳やけど、年齢より若々しく可愛いくて、性格はとても気さくな方です。

「えん」での活動は、コツコツと頑張ってはいましたが、なかなか思う人には出会えなくて、もう諦めかけて一度退会の申し出がありました。

その時に、「えん」との縁を切ってしまえば、それで止まってしまうから、少し休会することしませんかとアドバイス。

ところが、休会して間もなく、今回ご縁になった男性からお申し込みがあったのです。

迷っている彼女に

「先方が望んでくれているのだから、お会いしてみましょう!」と背中を押したんです。

そして、そのお見合いの際に、写真を撮り直して、今後はお申し込みがある方にお会いして行ったらと提案してみるも、結局その撮り直した写真は掲載することはなかったのです(^^)

 

お見合いではとても意気投合したようです。

中高年さんのご縁は、割りと早く成婚になることが多いので、早く決まるかな!?と思っていたのが、ふたりの気持ちはそうであっても、中高年特有の諸事情で。。。

それに、先方の男性の仲人さんからも成婚の催促が来ていたのですが。。。

彼女に気持ちを聞いてみると、いろんな事情があったようです。

彼女には、気持ちが固まった時でいいから、連絡してねと言ったのは去年の暮れ。

 

「日高さん、お世話になりました。ありがとうございます。」

この言葉が、私にとって一番の喜びです。

お幸せに\(^o^)/

【ワガママな彼女が成婚】♡

 

091386

 

42年生まれ・女性の場合
私の長年の友人からのご紹介で、友人宅での面談、少しわがままな感じのバツいちの彼女でした。

たくさんのお見合いをお申込したのですが、ことごとくお断りで、彼女のわがままぶりを発揮しだしました。

まず、「日高さん、なぜ受けてくれないの?私のどこがダメなの?」と

「それはあなたを見て合わないとか、いま交際中とか、いろいろ事情があるのでしょ。」

「写真を見て決めたらダメだって、日高さん言ったでしょ!だったら相手の方は写真で決めてるの?おかしいわ!」ときました。

「断わられることがそんなに嫌なの?だったらあなたにお申込してくれた人に会ってみましょうよ。」と言えば

「嫌です!私の理想としている人ではないです!」と自分のことばかり。

もうこの人のお世話は出来ないとお断りするつもりで

「あなたは自分のことは省みないで、相手の方ばかりに文句を言っているのは、いい大人として恥かしくないですか!」

彼女はそれから2週間何の連絡も無く、もう私は諦めていました。

 

ところがある日、運転中に彼女から電話がかかってきて

「日高さん、この間のお申込の方の◯◯さん、受けようかなぁ。」

それで私は「ホントかな!? でも、2週間以上経っているから、無理かもしれないけれど、仲人さんに相談してみます。」

それから路上で相手の仲人さんに連絡して初めてのお見合いが出来るようになったのです。

 

この出会いはホントにご縁があったと言うか。。。

相手の仲人さんは忙しい方で、ほとんど一回で連絡が取れないのが取れたり、彼が快く受けてくれたりと。

なんと彼女の電話から翌々日にお見合いを迎えました。

 

当日はお互い凄く気が合い、その方と2ヵ月後に入籍しましたが・・・

 

しかし、やはり彼女は決まってからも2回別れる騒動がありました。

私は梨事件肉事件と呼んでいますが、彼と生活してみて価値観でもめました。

梨を剥いたら、その日に食べるか明日食べるとか!?

肉じゃがに肉を沢山使いすぎるとか!?

傍から聞くと、そんな事で揉めることなのかな!?と思うほど(-_-;)

 

でもまぁ、彼女のいいところは納得するまで相手に話をしっかりするところと、理解できたら反省するところです。

彼のお母さんが彼女をとても可愛がってくれて、現在はとても幸せだそうです!!

 

ワガママは言ったらアカンけど、ガマンはもっとアカン!と私は思います(^^)

 

【成婚エピソード】♡

 

昨日は台風のアクシデントでご縁がなくなりましたが、この成婚エピソードはアクシデントでご縁になったお話♡

 

彼(48歳)は、4人も子どもさんに恵まれたバツイチさん。

離婚理由は、ナント!奥さんの浮気が原因(*_*)

彼は仕事は出来るけれど、奥さんとの気持ちのすれ違いに気が付かなかったそう。

最初の面談でお会いした時の感想は、年収はいいのだけれど、年齢のわりにダサい!

このままでは、彼の希望の若くて綺麗な方を望めないかな!?と。

で、私の友人のサロンに連れて行き、オールバックを今風のカットに!

服装もそれに合ったスーツをとアドバイス。

彼もそこで目覚めたようで、ダンディな男性になり、お見合いはそこそこ出来ていた。

 

10ヶ月くらいたった頃に、立ち上げたばかりの仲人さんからお申し込みがあり、お見合いに。。。

しかし、彼と彼女にはアクシデントが2つもあったのです(*_*)

 

☆デート中の彼のパスケース紛失事件

彼は慌てふためくばかりなのに、彼女が落ち着いてまずは警察に届けて、カード会社に連絡をするように彼に言い、一緒に歩いてきた道を探してくれたそうです。結局、パスケースは見つかりませんでしたが、カードの被害は免れたようです。

その彼女の行動を見ていて、6歳も年下やのにしっかりしているなぁと感じたそうです。

☆デート後の連絡つかない事件

お付き合いも順調だったある日の夜中に私に電話が。。。

「日高さん!いま彼女と別れて家に着き、彼女に連絡したのやけど、電話がつながらないんです。何かあったのかもしれない!先方の仲人さんに連絡していただけませんか?」

え~~、そんなん何時やと思っているの!と言いつつ、仕方なく先方の仲人さんに連絡を(-_-;)

先方の仲人さんも同じように慌てていただき、彼女に連絡していただきましたが、応答なし。

で、朝方先方の仲人さんから、彼女と連絡が取れて、彼の心配を伝えましたのでと。

原因は、デート帰りに報告がてら、お母さんの入院先にお見舞いに行き、携帯を切ってたみたい。

彼女は、彼の心配をとても嬉しく思ったそうです。

 

アクシデントによって、お互いの本音が見えます。だけど、全てご縁につながるかと言えばそうでもない(;_;)

昨日のように、台風というアクシデントで、お見合い延期を、お互いに譲れず、ご縁がなくなることに。

しかし、この2人は、アクシデントによって、お互いにお相手を思いやる気持ちが、ご縁になったと思います。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6877-6333 受付時間 10:00 - 20:00 (年末・年始を除く)

PAGETOP