「縁」と「運」は自分の手でつかもう

仲人業の始まり

  • HOME »
  • 仲人業の始まり

「仲人業の始まり」

後輩社員 結婚願望 仲人?
S君の活動開始 仲人業の自信  

後輩社員

S君のイメージ池田市在住、身長170cm、体重80Kg(いずれも推定)、頭はやや薄くなりはじめており、ぽっちゃりタイプ でお世辞にもかっこいいとは言えない独身男性S君、38歳(当時)。契約社員当事に私が、働いていた会社の後輩社員でした。いつも、飲み会があると、家も近い彼をよく車で送っていました。(私は、下戸なので、お酒はまったく飲めません。)


結婚願望

彼はご両親を亡くされていたこともあり、私がお姉さん的(!?)な気持ちでいたある日に彼から、「日高さん!僕は結婚したいと思うけどなかなかいろんな問題もあり、職場では見つけにくいから、どなたか僕に合う方を紹介してくれませんか?」と言われました。しかし、私の友人は彼に比べると年齢差があり、残念ながら力にはなれませんでした。そのことを彼に伝えたところ「じゃあ、結婚相談所ってどんなところか知りませんか?」とまた新たに質問されて、困りはてました。

結婚相談所の名前は知っていたものの、正直あまりいい印象を持っていませんでしたが、元来世話やきの私は、彼のためにと思いネットなどで調べたところ、山のように出てきました。高額の料金を取るところや、なんか怪しい相談所もあり、一長一短でした。何から手をつけて言いかわからずじまいでしたが、意を決して、現地調査のため東京まで見学に行きました。 その中で、注目をひいたのが「個人仲人」という言葉でした。昔の仲人さんのイメージが浮かび、興味が湧きました。


仲人?

それから、約3ケ月間、今度は大阪で、現場調査を始めました。再び、東京にも行きました。何社かの「結婚相談所」にも訪問しましたが「帯に短し、たすきに長し」で、しっくりとこずあきらめかけていたところ、「某協会」の「仲人養成講座」を知り参加しました。これが、とても新鮮な内容で、やる気が生まれ、私でも何となくできそうだと感じました。「この仲人業なら、悩んでいる彼の結婚を応援できる」これが私の「仲人業」の始まりです。1ケ月後、彼のお相手を探すために、「えん結婚相談所」を開業しました。


S君の活動開始⇒結婚

婚活パーティー

彼の話に戻りますが、その後、提携した相談所では、クリスマスパーティーがちょうど開かれる時に、彼に参加を促し、申し込みました。まず彼にはスーツとネクタイと靴、季節柄、コートを新調するようにアドバイス!清潔感をモットーに考えました!というのも、彼は残念ながら、太っている・髪の毛は少しさみしい・イケメンではないので、さわやかな印象を与えるように、爪・ヒゲのそり残し・鼻毛・歯磨きを重点的に気をつけるようにアドバイス!中身はとても優しい・真面目・男気があるので、あまり心配はしていませんでした。
そのパーティーでは3.4人の女性と電話番号の交換が出来て、初めにしては、調子がいいなぁと喜んでいたのが、後日すべての方に振られました(笑)。

ところがなんと!そのパーティーに参加されていた別の女性から、初めてのお申込が来たのです。! 彼は少し記憶が薄いと言ってましたが、お見合いの立ち会いで、私も彼もびっくり!ものすごいキレイな優しい女性で、彼で大丈夫なのかと逆に心配しました。彼は当然一目惚れです。(ホンマ!このときは心配でした。)しかし、予想に反してお付き合いが始まったのです!プロポーズまでにはいろいろありましたが、彼女が彼の中身を見てくれたことが、成婚につながったと今でも思ってます。6年後には1女をさずかり、幸せにいっぱいです~♪ 私の会員第1号で、成婚者第1号でした。彼にはとても感謝され、新しい喜びを味わう事ができました。


仲人業の自信

紹介する仲人

こう書くと、すべて順調にいったように思えますが、まったくのずぶの仲人初心者に、「仲人業」とは何かを教えてくれたのは、本部の方でした。今、こうしてこの文章を書いていられるのも、その方のおかげだと思い感謝しております。
このような出来事があり「仲人業」をライフワークにしようと決心したのです。

「仲人業」を始めてから、早や10年以上が経過し、成婚者も予想を超えるまでになりました。私の世話焼きの性格が「仲人業」にマッチし、いろんな人に出会い、喜んでもらい、感謝される、この「仲人業」に出会えて、本当によかったと思いながら、日々楽しく、会員さんのお世話をしている、今日この頃です。


 

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6877-6333 受付時間 10:00 - 20:00 (年末・年始を除く)

PAGETOP